早稲田対策に本気!の予備校 新宿区高田馬場にある早稲田予備校 東京本校

 

国語の映像講座(高3生対象)

 『早稲田の国語』(教学社)の著者である笹岡信裕先生による現代文と古文の講座です。『早稲田の国語』は、2008年に第1版が刊行されて以来、早稲田受験生のバイブルとして親しまれ、2021年現在は第7版が刊行されています。笹岡先生の現役生対象の年間授業は、早稲田予備校生しか受講できません。
 また、笹岡先生は、昨年、筑摩書房から『複数資料×最新論点で学ぶ 大学入学共通テスト現代文対策問題集』を上梓されました。早稲田・GMARCHの受験で共通テストを利用する場合も的確なアドバイスをくださいます。先生の授業で首都圏の難関私大合格をつかみとりましょう。
※ GMARCH
G=学習院、M=明治、A=青山学院、R=立教、C=中央、H=法政。

【講師紹介】

笹岡信裕(ささおか・のぶひろ)

 早稲田大学教育学部国語国文学科卒。学生時代から予備校の教壇に立ち、幅広い層の生徒から支持をうける。現在は、早稲田予備校を中心に教鞭をとり、看板講座の「早大現代文」「早大古文」などを担当。早稲田予備校の画期的な教育ツール「59(合格)システム」の開発者でもある。
 「あたりまえのことをあたりまえにできる人が一番強い」をモットーに、バランスのとれた揺るぎない国語力を養成することに定評があり、その教室には、早稲田合格を志す受験生が全国から集う。
 著書に『早稲田の国語』(教学社)、『複数資料×最新論点で学ぶ 大学入学共通テスト現代文対策問題集』(筑摩書房)、執筆協力に『ちくま評論選問題集』(筑摩書房)がある。

笹岡先生のYouTubeチャンネル(2021年2月に開設。学習法や雑談を発信しています。)
わせたんくらぶ【Juken Meister】

【映像講座の5つの特長】

➊ 笹岡先生に直接質問や相談ができます。
 早稲田予備校のSNS等を通して、笹岡先生に直接質問や相談ができます。従来の映像授業の最大のデメリットは、担当講師に直接質問しにくいことでしたが、早稲田予備校ではそのようなことはありません。他の講師や学生バイトがこたえるのと、担当講師が直接こたえるのとでは、学習効果に大きな差があることは言うまでもないでしょう。
➋ 自分の部屋で自分のペースで受講できます。
 インターネット環境とパソコンやタブレットがあれば、自分の部屋で自分のペースで受講できます。映像を視聴するために校舎に足を運ぶ必要はありません。質問も自宅からできるので、通塾時間を節約できます。
(注1)4Kの高画質で収録しています。音声の反響やノイズなどもほぼありません。
(注2)スマートホンでも受講できますが、板書もしっかりしますので、パソコンやタブレットなど比較的大きな画面での受講を推奨します。
➌ 時間にとらわれない学習ができます。
 ライブ授業だと1コマ「90分」という時間内で、先生が説明して生徒は理解しなければなりませんが、この映像授業は1コマが「90分」です。単元によっては90分未満のこともありますし、90分をこえることもあります。先生は時間に縛られず、その単元を存分に説明してくれます。単に校舎のライブ授業を録画したものではなく、映像授業のために収録した講座なので、それが可能なのです。また、みなさんも、適宜、映像をとめて先生の説明を消化したり、苦手な単元は繰り返し視聴したりと、各自の学力に応じた受講が可能です。
➍ 首都圏の難関私大に特化しています。
 授業内容・教材ともに、早稲田・GMARCHに特化しています。通っている高校が国公立大学の対策を重点的におこなっており、私立大学の対策がおろそかになっている場合でも、この講座があれば問題ありません。私立大学は国公立大学と比べると科目数は少ないですが、難関大学になるとそのぶん覚えなければならない事項が多いのが現状です。例えば、古文単語ひとつをとっても、国公立大学と早稲田大学とでは、必要な語数が全く違います。早稲田予備校には、首都圏の難関私大に特化した当校オリジナルの古文単語帳や漢字練習帳があり、難関私大対策は万全です。
(注)オリジナルの古文単語帳・漢字練習帳は、年間受講生に進呈します。
➎ 受験アドバイザーに進路相談や学習相談ができます。
 早稲田予備校の受験アドバイザーに進路相談や学習相談ができます。学習計画やメンタル面のサポートも受けることも可能です。建学68年の早稲田予備校のもつ入試情報・データベースがみなさんをバックアップします。みなさんの部屋と新宿区の高田馬場にある早稲田予備校とがつながります。

高3早大古文

【講座内容】

➊ 早稲田の古文に本格的に取り組む講座です。
 制限時間内に解き終えられるようになるための精読によって、「精読が速読につながる」ことを体感できます。
「主語をうまく補えない」「字面は訳せているけど、内容が分からない」といった多くの受験生が抱える悩みを解消していきます
➋ 難度が徐々に上がっていきます。
 早稲田の古文を素材に、徐々に難度を上げていくことで、最終的に最難度の文章も読めるようにします。
➌ 年間受講生には特典があります。
 年間受講生には、特典として、『ゼロから早稲田への古文文法』(約90分x20回)の無料視聴に加えて、『難関大合格への古文単語帳』を進呈します。これは、早稲田をはじめとする難関私大受験に最適なワセヨビオリジナルの古文単語帳です。古文単語はもちろん古文常識も網羅しています。
第1段階基礎学力養成期 ①(第1回~第5回)
早稲田の古文への取り組み方と基本的な読解技術について学習します。一文が長い場合にどう読めばよいのか、主語をとらえる際に意識するべきこととは何か、など基本ツールについて学習します。早稲田の古文のなかでは、比較的読みやすい文章を扱います。
第2段階基礎学力養成期 ②(第6回~第10回)
第1段階で学習したことをふまえて、早稲田の標準レベルの古文を精読します。情景をとらえる際に必要な古文常識(古文の世界の常識)についても学習します。
第3段階夏期講習(第11回~第15回)
近年の早稲田の問題を扱い、「早稲田が『今』求めていること」を明確にします。今後の学習の指針となります。
第4段階学力習熟期 ①(第16回~第20回)
早稲田の標準~難度高めの問題を扱います。ジャンル別の読解法(説話・歌物語・日記・作り物語・随筆)を学習します。
第5段階学力習熟期 ②(第21回~第25回)
早稲田の標準~難度高めの問題を扱います。ジャンル別の読解法(歴史物語・軍記物語・歌集・近世小説・評論)を学習します。
第6段階冬期講習(第26回~第30回)
早稲田の最難度の問題を扱います。この講習で扱う文章を読めるようになれば、早稲田のほとんどの文章をふつうに読めるようになっているので、自信を持って本番に臨んでください。

カリキュラム(約90分×30回)

回 数主な授業内容
第1講早稲田古文への取り組み方
第2講古文読解の基礎技術①
第3講古文読解の基礎技術②
第4講古文読解の基礎技術③
第5講古文読解の基礎技術④
第6講古文精読の実践①
第7講古文精読の実践②
第8講古文精読の実践③
第9講古文精読の実践④
第10講古文精読の実践⑤
第11講【夏期】読解技術の復習
第12講【夏期】早大古文の新傾向の把握①
第13講【夏期】早大古文の新傾向の把握②
第14講【夏期】早大古文の新傾向の把握③
第15講【夏期】早大古文の新傾向の把握④
第16講説話の読解
第17講歌物語の読解
第18講日記の読解
第19講作り物語の読解
第20講随筆の読解
第21講歴史物語の読解
第22講軍記物語の読解
第23講歌集の読解
第24講近世小説の読解
第25講評論の読解
第26講【冬期】早大古文の完成①
第27講【冬期】早大古文の完成②
第28講【冬期】早大古文の完成③
第29講【冬期】早大古文の完成④
第30講【冬期】早大古文の完成⑤

高3早大現代文

【講座内容】

➊ 早稲田の現代文に本格的に取り組む講座です。
 制限時間内に解き終えられるようになるための精読によって、「精読が速読につながる」ことを体感できます。
早稲田ならではの論点も多く学習します。教養を身につけると、読みの精度が高まり、文章の見え方も変わってきます。
➋ 難度が徐々に上がっていきます。
 早稲田の現代文を素材に、徐々に難度を上げていくことで、最終的に最難度の文章も読めるようにします。法学部の論述問題も扱います。
➌ 年間受講生には特典があります。
 年間受講生には、特典として、『ゼロから早稲田への現代文』(約90分x20回)の無料視聴に加えて、『難関大合格への漢字練習帳』を進呈します。これは、早稲田をはじめとする難関私大受験に最適なワセヨビオリジナルの漢字練習帳です。
第1段階基礎学力養成期 ①(第1回~第5回)
早稲田の現代文への取り組み方や基本的な読解技術の学習を通して、本文を論理的に精読するための方法を教授します。早稲田の現代文のなかでは、比較的読みやすい文章を扱います。
第2段階基礎学力養成期 ②(第6回~第10回)
第1段階で学習したことをふまえて、早稲田の標準レベルの現代文を精読します。「二元論」をはじめとした入試頻出の論点も扱います。
第3段階夏期講習(第11回~第15回)
近年の早稲田の問題を扱い、「早稲田が『今』求めていること」を明確にします。今後の学習の指針となります。
第4段階学力習熟期 ①(第16回~第20回)
早稲田の標準~難度高めの問題を扱います。早稲田ならではの「難しく、知的に面白い」文章を素材にして、様々な論点を扱うので、学力の向上はもちろん、知的好奇心も大いに刺激されます。
第5段階学力習熟期 ②(第21回~第25回)
早稲田の標準~難度高めの問題を扱います。第4段階の学習内容をふまえて深く読むと、本当に面白い文章ばかりです。現代への視野が大きくひろがり、それと比例して学力も向上します。
文化構想学部の複数テクストの問題、社会科学部の現古融合文も扱います。
第6段階冬期講習(第26回~第30回)
早稲田の最難度の問題を扱います。この講習で扱う文章を読めるようになれば、早稲田のほとんどの文章をふつうに読めるようになっているので、自信を持って本番に臨んでください。

カリキュラム(約90分×30回)

回 数主な授業内容
第1講早稲田現代文への取り組み方
第2講基本的な読解技術①
第3講基本的な読解技術②
第4講基本的な読解技術③
第5講人工知能
第6講物心二元論
第7講二元論(応用)
第8講空間の多様性
第9講想起される記憶
第10講大衆社会
第11講【夏期】読解技術の復習
第12講【夏期】早大現代文の新傾向の把握①
第13講【夏期】早大現代文の新傾向の把握②
第14講【夏期】早大現代文の新傾向の把握③
第15講【夏期】早大現代文の新傾向の把握④
第16講読解技術の復習
第17講近代化と疎外―自己疎外―
第18講近代化と国家―国民国家―
第19講想像の共同体
第20講新自由主義とケインズ主義
第21講グローバリゼーション
第22講優生学
第23講生権力
第24講複数テクストの問題
第25講現古融合文
第26講【冬期】早大現代文の完成①
第27講【冬期】早大現代文の完成②
第28講【冬期】早大現代文の完成③
第29講【冬期】早大現代文の完成④
第30講【冬期】早大現代文の完成⑤

【映像サンプル写真】
※ゼロからの早稲田への現代文 講座の写真です。

料金

入会金
30,000円

<早大対策コース>

・早大現代文
レギュラー(24回)116,000円
講習分  ( 6回)29,000円
全30回145,000円

※特典で『ゼロから早稲田への現代文』(約90分x20回)がセットで受講できます。

・早大古文
レギュラー(24回)116,000円
講習分  ( 6回)29,000円
全30回145,000円

※特典で『ゼロから早稲田への古文文法』(約90分x20回)がセットで受講できます。

一括入学金15,000円+145,000円×講座数
5分割入学金15,000円+29,000円×講座数(初回お支払金額)

(2回目 5/31  3回目 7/30 4回目 9/28 5回目 11/30)
※2回目以降は、29,000円×講座数のお支払い、支払期日につきましては、LINEにて2週間前にご連絡致します。

※教材費は上記の料金にすべて含まれます。

「高3生オンライン講座 国語」申し込みフォーム

以下の項目を入力のうえ「内容の確認へ進む」ボタンをクリックして下さい。 必須は必須項目です。

申し込み講座必須
早大現代文   早大古文
学費分割方法必須
一括(1講座145,000円)
5分割(1講座29,000円×5)
お申込者と受講生との関係必須
本人 保護者 兄弟姉妹 その他
受講者氏名(全角)必須
フリガナ(全角カナ)必須
保護者氏名(全角)必須
住所必須
(半角数字、-[ハイフン]が必要)


※マンション・団地・社宅名、部屋番号等も記入して下さい。
ご連絡先電話番号必須

-[ハイフン]が必要です。
メールアドレス(半角英数字)必須
メールアドレス(確認)必須

※申込完了後に確認のメールをお送りします。
性別必須
男 女 
在籍高校必須
学年必須
高3生
生年月日必須

プライバシーポリシー

  1. 1.はじめに

    早稲田予備校(学校法人早稲田学園が設置する予備校。以下「本校」といいます。)は、「個人情報保護法」及び関連法規に基づき、個人情報を細心の注意を払って取り扱っております。
    以下、本校のプライバシーポリシーにつきご説明いたします。

  2. 2.情報の収集

    本校では、下記の業務処理を円滑におこなうために個人情報をいただいております。

    1. 1)入学案内書、講習会案内書、模試案内書、イベント案内等の各種案内書ご請求時
    2. 2)入学申込、講習会申込、模試申込、イベント申込、センター試験自己採点集計等の各種申込時
    3. 3)その他本校が認める各種業務を行うため

    個人情報とは、学校名、氏名、生年月日、年齢、住所、電話番号、メールアドレス等の特定の個人を識別できる情報をさします。

    原則として、個人情報を本校に提供するか否かは、常にお客様ご自身の判断に委ねられております。 なお、お客様から個人情報をご提供いただけない場合には、本校の各種サービスをご提供できない場合がありますことを予めご了承願います。

  3. 3.個人情報の利用目的

    本校では個人情報保護の観点から、ご提供いただきました個人情報は下記の利用目的のみに使用し、細心の注意をはらって管理いたします。
    また、お預かりした個人情報の取扱いを外部に委託することがあります 。この場合においても委託契約書を交わし適切な管理をいたします。
    ご本人の同意なく第三者に提供することはありません。

    (利用目的)
    1. 1)授業運営(クラス編成等)
    2. 2)進路指導
    3. 3)各種事務連絡
    4. 4)成績管理・分析及び各種統 計資料作成
    5. 5)入試結果調査
    6. 6)早稲田予備校及び関連教育機関の各種ご案内に利用することがあります。
  4. 4.個人情報の共同利用

    いただいた個人情報は、下記の「早稲田予備校グループ」で共同利用させていただきます。また、各種試験・大学入試センター試験自己採点集計および入試結果調査で収集した個人情報につきましては、全国入試模試センターでも共同利用させていただきます。

    (共同利用する情報の種類)

    ・学校名、氏名、生年月日、年齢、住所、電話番号、メールアドレス等の特定の個人を識別できる情報

    (利用目的)
    1. 1)授業運営(クラス編成等)
    2. 2)進路指導
    3. 3)各種事務連絡
    4. 4)成績管理・分析及び各種統 計資料作成
    5. 5)入試結果調査
    6. 6)早稲田予備校及び関連教育機関の各種ご案内に利用することがあります。
  5. 5.個人情報の不正アクセス、紛失、漏洩等の予防を行う

    本校は、個人情報管理者の元で個人情報の適切な管理に努めます。また、不正な侵入、紛失、改ざん、漏洩などの危険防止のため、セキュリティ対策を実施します。

  6. 6.個人情報に関する法令、規範、学内規定等を遵守する

    本校は、個人情報保護に関係する法令、規範、学内規定等を遵守します。

  7. 7.個人情報の保護のため、継続的改善努力を行う

    本校は、個人情報保護活動取り組みに対し継続的に見直し、その改善に努めます。

  8. 8.クッキー(Cookie)の使用

    クッキーは、本サービスを効率的に運用するため、ウェブ・サーバーがご利用者のブラウザ (Internet Explorer、Netscape等)に送信する情報で、ご利用者のコンピュータのディスクにファイルとして保存されることもあります。
    クッキーの使用により、ウェブ・サーバーはご利用者がお使いのコンピュータのIPアドレス(ご使用のコンピュータを特定できる番号)、当ウェブサイトのどのページを訪れたか等の簡単な情報を記録できますが、ご利用者個人の識別はできません。
    ご利用者は、ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったときに警告を表示させたりすることが可能です。 これらの機能につきましては、お使いのブラウザのマニュアル等をご参照願います。
    本校は、ウェブ・サーバーに記録されたご利用者のIPアドレスを、主として以下の目的で利用することがあります(IPアドレスでお客様個人を特定することはできません)。

    1. 1)ウェブ・サーバーで発生した問題の原因を突き止め解決するため。
    2. 2)ウェブ・サーバー管理のため。

    本校のウェブ・サーバーは、以下のような目的でクッキーを使用しております。

    1. 1)お問い合わせフォーム情報を維持するため。

    なお、クッキーの利用により入手した情報を統計的に処理した集約情報を公表することがありますが、これには個々のご利用者を識別できる情報は含まれません。

  9. 9.個人情報の利用停止等

    なお、個人情報の開示・訂正・利用停止等の求めがあった場合は、ご本人及び代理人の求めに限り、迅速に開示・訂正・利用停止等の対応を行います。
    原則として個人情報の開示・訂正・利用停止等を希望する場合は、所定の文書で本校にお求めいただくことといたします。

  10. 10.早稲田予備校グループ及び関連教育機関一覧
    【早稲田予備校グループ】

    東京本校、西船橋校、水戸校

    【早稲田学園関連教育機関】

    わせがく高等学校

  11. 11.個人情報管理者及びお問い合わせ先

    早稲田予備校予備校本部
    〒169-0075
    東京都新宿区高田馬場4-9-9

    (お問い合わせ先)  広報・情報管理者

    (受付時間) 10:00~18:00(日・祝・月を除く)

    (TEL) 03(3369)5734

早稲田予備校東京本校

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-4-21
FAX 03-5330-7295

交通アクセス

  • 山手線高田馬場駅早稲田口より徒歩3分
  • 西武新宿線高田馬場駅早稲田口より徒歩3分
  • 東京メトロ東西線高田馬場駅1番または2番出口より徒歩3分