資料請求
0120-5959-40
2021冬期講習
  1. ホーム
  2. 2021冬期講習
  • 冬期講習トップ
  • 高1生対冬期講習講座
  • 高3生・高卒生 冬期講習・直前講習



合格者の声 高3生・高卒生のみなさんへ 入試も目前、この冬、最後の正念場。 合格者からのメッセージ!
  • 早稲田大学文化構想学部
    さん(東葛飾高校)
    赤本(過去問)はちゃんとやればやるほど結果につながるので、授業の予復習や英検などの理由をつけてやらないのは不合格につながるのと思って、頑張ってください!
  • 早稲田大学商学部
    さん(宇都宮短大附属高校)
    1年は辛いと思います。苦しいと思います。でもすごいチャンスです。やってきたことは必ず自分に返ってきます。自信を持つのってすごい難しいけど、あなた次第です。強い気持ちを持ち続けてください!!
  • 早稲田大学法学部
    さん(薬園台高校)

    毎日帰りの電車の中で約1時間、世界史の1問1答をしました。暗記科目は何度も繰り返すことで点数が伸び、日々の積み重ねで得点源にすることができます。

  • 早稲田大学教育学部
    さん(日立第一高校)
    その日の目標、数週間での目標というように、目の前にも、ちょっと先にも目標を明確に立てておくことで、自分を見失わずに前に進めました。才能の有無はあるけれど、その人次第でだいぶ結果が変わると思います。
  • 慶應義塾大学理工学部
    さん(鎌倉学園高校)
    どんなに今の成績が良くなくても、自分の中で決まったリズムを崩すことなく勉強を続けていけば、最後に必ず結果がついてきてくれます。最後まであきらめずに頑張りぬいてください!!
  • 早稲田大学人間科学部
    さん(専修大学松戸高校)
    諦めたら、
    ワンチャンすらない。

    一筋貫け。

    血迷うな。
  • 成城大学社会イノベーション学部
    さん(日立第一高校)
    受験期間はつらいことが多いと思いますが、何があっても勉強をやめないこと。模試が悪くても本番でとればいいので復習をおこたらずに、やりきったと本番の時に思えるくらいやりこんで下さい。応援しています。
  • 静岡大学人文社会科学部
    さん(緑岡高校)
    無理だぁ〜って思ってもやるしかないのでやる。共通テスト前は日本史と理科をやって模試より合計60点ぐらいのびました。最後までやればなんとかなる!!
  •  
合格者の声 高2生・高1生のみなさんへ そろそろ準備、この冬踏み出そう。先輩方からのメッセージ!
  • 早稲田大学商学部
    さん(国分高校)
    受験勉強の英単語を高2の冬から少しずつやり始めました。ワセヨビの授業は対面で集中できます。映像授業では自分は寝てしまいます。アドバイザーがいつでも相談に載ってくれて、生徒一人一人を見てる予備校でした。
  • 早稲田大学文化構想学部
    さん(薬園台高校)
    高2の冬にバドミントン部を引退してから、長期休みや休日に勉強するよりも、平日に毎日頑張りました。英語は、単語→音読→文法のサイクルを毎日続けて勉強することで、英語の偏差値が30以上上がりました。
  • 早稲田大学国際教養学部
    さん(市立稲毛高校)
    中高一貫校から推薦で合格しましたが、推薦入試を考えていたとしても絶対に一般入試に向けての勉強は必要!学校の勉強との両立は大変だけれど、気をゆるめずに頑張ってください。
  • 法政大学法学部
    さん(船橋東高校)
    体験授業がわかりやすかった。志望校の相談をしたところ、私のやりたいことにそって大学を紹介していただき、志望校がはっきりと決まり、勉強をしようと思って入会を決めました。
  • 上智大学外国語学部
    さん(芝高校)
    高2の9月に部活動を引退して志望校を決め、12月頃から本格的に受験勉強に取り組みました。受験は情報戦なので、志望校は早めに決め、配点や入試方式を確認してそれに合わせた対策を高2から始めた方が良いと思います。
  • 東北大学経済学部
    さん(常磐大学高校)

    夏休み終わりには主要3教科は仕上げておきたいので、受験勉強は遅くとも3年の4月、できれば2年の冬休みには始めておいた方が良いと思います。

  • 千葉県立保健医療大学健康科学部
    さん(八千代高校)
    部活動をやっていてもとりあえず予備校に来ることが大事だと思います。頑張っている同級生を見ることができ、刺激になり、やる気、知識を得ることができます。
  • 防衛大学校理工学専攻
    さん(船橋東高校)
    高2の1月から受験勉強を始めました。高3の10月までサッカー部がありましたが、受験勉強は開始時期以上に毎日の授業をしっかり受けることが大切です。受験から逃げずに向き合えば受験本番も自信を持って臨めます。
ホーム